メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演

ICAN・川崎さん「日本は責任ある議論を」 宇都宮大 /栃木

宇都宮大で講演した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員の川崎哲さん=宇都宮市峰町で

 ノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の国際運営委員、川崎哲(あきら)さんが18日、宇都宮市峰町の宇都宮大で講演した。川崎さんは、日本が核兵器禁止条約に否定的な立場であることを批判。被爆国の国民として核兵器について責任ある議論をすべきだと訴えた。

 ICANは、核兵器禁止条約の成立に貢献したことなどを評価され、ノーベル平和賞を受賞した。条約では、核兵器の開発や使用などの行為を援助、奨励することも行わないとしている。日本は米国の「核の傘」に守られているなどの理由から、条約に署名でき…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文653文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. 十勝川温泉 苦境を逆手、自虐ポスター 地震後に客激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです