メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本酒

「おいしさ知らなかった」 東毛地域の定住外国人、川場の酒蔵で魅力学ぶ /群馬

日本酒を試飲して「おいしい!」と笑顔を浮かべる定住外国人ら=川場村川場湯原で

 東毛地域に住む外国人らが16日、川場村の老舗酒蔵で、日本酒の味わいや作り方について学んだ。

 定住外国人が「生きがい」を感じられる社会作りを目指し、群馬大、自治体、企業などが連携して取り組む「ハタラクラスぐんま」事業の一環。2020年東京五輪・パラリンピックに伴いインバウンド(訪日客)消費の増加が見込まれる中、外国人の視点から感じた魅力を発信してもらい、商品のPRや受け入れ環境整備につなげる狙いがある。

 この日は、県内のブラジル、ペルー、中国人と企画責任者の結城恵・群馬大教授ら計9人が、日本酒「誉国光…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文785文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. FFと天野喜孝の世界展 東京・池袋で大規模展示会 原画やCG、立体造形も
  3. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに
  4. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  5. フィギュアスケート プリンスアイスワールド開幕 氷上の舞、湖国魅了 10年ぶりの公演 五輪の感動再び 大津 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]