メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本酒

「おいしさ知らなかった」 東毛地域の定住外国人、川場の酒蔵で魅力学ぶ /群馬

日本酒を試飲して「おいしい!」と笑顔を浮かべる定住外国人ら=川場村川場湯原で

 東毛地域に住む外国人らが16日、川場村の老舗酒蔵で、日本酒の味わいや作り方について学んだ。

 定住外国人が「生きがい」を感じられる社会作りを目指し、群馬大、自治体、企業などが連携して取り組む「ハタラクラスぐんま」事業の一環。2020年東京五輪・パラリンピックに伴いインバウンド(訪日客)消費の増加が見込まれる中、外国人の視点から感じた魅力を発信してもらい、商品のPRや受け入れ環境整備につなげる狙いがある。

 この日は、県内のブラジル、ペルー、中国人と企画責任者の結城恵・群馬大教授ら計9人が、日本酒「誉国光…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文785文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  2. 米国 核廃棄条約破棄か 中距離弾 「ロシアが違反」主張
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  5. 余録 二宮金次郎像は、かつて小学校校庭の…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです