メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋のまち・掛川城対決

第67期王将戦第1局/上 10年連続開催へ意欲 振り駒を務める松井市長「大変光栄」 /静岡

第66期王将戦第1局で振り駒をする松井三郎市長=掛川城二の丸茶室で2017年1月8日

7回目の大役「大変光栄」 振り駒を務める松井三郎・掛川市長

 第67期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第1局が来年1月7、8日、掛川市の掛川城二の丸茶室で開催される。久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑戦する。王将戦の掛川開催は9年連続、第1局開催は7年連続となる。「10年連続開催」を合言葉にしてきた地元では「68期もぜひ掛川城で」と盛り上がりを見せている。「掛川城対局10年」を見据えた地元の動きや思いを紹介する。

 新春の将棋界は王将戦第1局の振り駒でスタートする。対局場の畳に敷いた布の上に駒をまいて先手番を決め…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1027文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す
  3. 東京 手作り傘屋、別れの涙雨 台東区の老舗、来月閉店
  4. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  5. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]