メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋のまち・掛川城対決

第67期王将戦第1局/上 10年連続開催へ意欲 振り駒を務める松井市長「大変光栄」 /静岡

第66期王将戦第1局で振り駒をする松井三郎市長=掛川城二の丸茶室で2017年1月8日

7回目の大役「大変光栄」 振り駒を務める松井三郎・掛川市長

 第67期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第1局が来年1月7、8日、掛川市の掛川城二の丸茶室で開催される。久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑戦する。王将戦の掛川開催は9年連続、第1局開催は7年連続となる。「10年連続開催」を合言葉にしてきた地元では「68期もぜひ掛川城で」と盛り上がりを見せている。「掛川城対局10年」を見据えた地元の動きや思いを紹介する。

 新春の将棋界は王将戦第1局の振り駒でスタートする。対局場の畳に敷いた布の上に駒をまいて先手番を決め…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1027文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです