メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

日系人の子へ関心を 東近江のブラジル学校、教育支援の院生ら報告 京都外大 /滋賀

「ブラジル学校ではアイデンティティーの確立ができる」と話す浅井フラヴィア亜由美さん=京都市右京区の京都外大で、大澤重人撮影

 日系人の子どもたちの現状と問題点を考えるシンポジウム「マイノリティーと教育」が15日、京都市右京区の京都外大で開かれ、在学生を中心に約70人が聴き入った。

 幼児から高校生が通うブラジル学校「日本ラチーノ学院」(現在は東近江市)を支援するため、2013年に学内で結成された「ヴィンクロ・ジ・ラチーノ」(「ラチーノの絆」の意、現在5人)が主催し、日系ブラジル人のメンバー2人が報告をした。

 同大学院修士2年の浅井フラヴィア亜由美さん(24)=愛知県あま市=は昨春から週1回、同学院で小中学…

この記事は有料記事です。

残り1319文字(全文1562文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. 流山男性刺傷 トラブルで口論「腹が立った」33歳女逮捕
  5. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]