特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

高知追手前高を表彰 21世紀枠、四国地区候補校選出で /高知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
選抜高校野球大会の21世紀枠四国地区候補校に選ばれた高知追手前ナイン=高知市追手筋2の同校で、岩間理紀撮影
選抜高校野球大会の21世紀枠四国地区候補校に選ばれた高知追手前ナイン=高知市追手筋2の同校で、岩間理紀撮影

 <センバツ高校野球>

 来春の第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の「21世紀枠」で、全国9地区のうち、四国地区候補校に選ばれた県立高知追手前高(池康晴校長、高知市)の表彰式が19日、同高であった。

 式では、県高野連の野町裕(ゆたか)会長が、中山歩武(あゆむ)主将(2年)に表彰盾を手渡した。野町会長は「君たちと先輩が築き上げた伝統が評価された」と述べ、「これを励みにますます精進してほしい。貴校に春の便りが少し早く届くことを心から願う」と話した。主催者を代表して村瀬達男・毎日新聞高知支局長が「夢を信じて練習に励み、もし出場が果たせたらみんなを感動させるプレーを」とエールを送った。

 学校を代表して池校長は「四国地区の候補校として恥じぬよう今後も精進し、文武両道、質実剛健の精神の下に、野球とともに人間として成長していきたい」と応えた。中山主将は「伝統を築き上げてきた先輩方、日ごろから支え、応援してくれている方々のおかげ。感謝の気持ちを持って、日々全力で練習に取り組んでいきます」と誓った。

 同高は、文武両道で今秋の四国大会県予選で県3位となり、四国大会で強豪と拮抗(きっこう)した実力--などが評価され、選考会では全会一致で四国地区候補校に選出された。

 出場校は、来年1月26日の選考委員会で決定する。21世紀枠は、各地区の候補校9校から3校が選ばれる。【岩間理紀】

関連記事

あわせて読みたい