メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

騒動続く大相撲

守屋秀繁氏

 大相撲で横綱の不祥事を巡る騒動が続いている。元横綱・日馬富士は前頭・貴ノ岩関への傷害事件で引退に追い込まれ、横綱・白鵬関は九州場所優勝後に観客に万歳三唱を促したことなどで厳重注意処分を受けた。日本相撲協会は事態を早期に収拾できず、ガバナンス(組織統治)の欠如を露呈した。原因はどこに。

「品格」は自覚すべきもの 守屋秀繁・前横綱審議委員長

 最近の白鵬関は横綱としての品格を論じる以前の問題だ。相撲の取り方も張り手、かちあげ、ダメ押しと乱暴で、九州場所では、立ち合いが不成立だとして手を挙げて物言いをつけようとした一番もあった。千秋楽の優勝インタビューでは「日馬富士関と貴ノ岩関を再び土俵に上げてあげたい」と発言した。横綱はそんな権限を全く持っていない。自分が一番偉いのだ、と勘違いしているのではないか。

 私が横綱審議委員会の委員として経験した4人(白鵬、日馬富士、鶴竜、稀勢の里)の横綱推挙では、品格に…

この記事は有料記事です。

残り4136文字(全文4537文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです