メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米・韓研究所

中国企業装う北朝鮮 違法取引手口紹介

 【ワシントン会川晴之】米国のシンクタンク「C4ADS」と韓国の峨山政策研究院は、北朝鮮が実施している国際的な違法金融取引報告書を合同で発表した。北朝鮮の企業が東南アジアで通信機器の部品を購入した際、香港の企業から資金を振り込むことで中国系企業を装い、取引相手に北朝鮮企業との取引だと気づかれないようにする手口などを紹介、さらなる制裁強化が必要と訴えている。

 報告書によると、北朝鮮がマレーシアに設立した軍事用通信機器メーカー「グローコム」は2013年1月、東南アジア地域で通信用部品を購入した。北朝鮮との取引ではないと偽装するため、北朝鮮が香港に設立したフロント企業「深光貿易投資有限公司」が代金1万5000ドルを振り込んだ。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです