メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省検討会指針

会社員、副業・兼業推進へ 経済界から慎重意見

 厚生労働省の有識者検討会は19日、会社員の副業や兼業を推進するためのガイドライン(指針)をまとめた。企業に対して、業務に支障がない限り、労働者が希望すれば副業や兼業を原則認める方向で検討するよう求めている。厚労省は来月にも全国の労働局を通じて指針を周知するが、経済団体などから慎重な声も出ている。

 多くの企業は長時間労働になることや本業がおろそかになるなどとして、社員の副業・兼業を就業規則で禁じている。中小企業庁が2014年度に実施した調査によると、認めている企業は、回答した約1200社の14・7%にとどまる。

 指針では、副業や兼業について労働者が社内では得られない知識やスキルを獲得でき、所得を増やすことがで…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ大統領「貿易交渉で大きな進展」 ゴルフ・昼食時に首相と協議か
  2. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 安倍首相が“速報ツイート”「同盟、さらに揺るぎないものに」 トランプ氏とのゴルフ終了
  5. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです