メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

座間殺害事件 窓口型自殺対策に盲点 自殺総合対策推進センター長・本橋豊さん

 事件は現代版「赤ずきんちゃん」だ。民話は森に出かけた少女が、おばあさんに化けたオオカミに襲われるストーリーだが、今回はインターネットの森に入った若い女性たちが、親身な言葉をささやく人を信用し、実はその人物が悪質極まりなかったという話だ。

 被害者が悪いわけでも特殊なわけでもない。若い世代は悩みを抱えるものだし、「死にたい」という思いは「生きたい」と背中合わせだ。相談に乗るふりをする人がいれば、すがりつきたくなるのは人の心理だ。周りに助けてくれる人がい…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  4. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]