メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

座間殺害事件 窓口型自殺対策に盲点 自殺総合対策推進センター長・本橋豊さん

 事件は現代版「赤ずきんちゃん」だ。民話は森に出かけた少女が、おばあさんに化けたオオカミに襲われるストーリーだが、今回はインターネットの森に入った若い女性たちが、親身な言葉をささやく人を信用し、実はその人物が悪質極まりなかったという話だ。

 被害者が悪いわけでも特殊なわけでもない。若い世代は悩みを抱えるものだし、「死にたい」という思いは「生きたい」と背中合わせだ。相談に乗るふりをする人がいれば、すがりつきたくなるのは人の心理だ。周りに助けてくれる人がい…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです