メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

座間殺害事件 窓口型自殺対策に盲点 自殺総合対策推進センター長・本橋豊さん

 事件は現代版「赤ずきんちゃん」だ。民話は森に出かけた少女が、おばあさんに化けたオオカミに襲われるストーリーだが、今回はインターネットの森に入った若い女性たちが、親身な言葉をささやく人を信用し、実はその人物が悪質極まりなかったという話だ。

 被害者が悪いわけでも特殊なわけでもない。若い世代は悩みを抱えるものだし、「死にたい」という思いは「生きたい」と背中合わせだ。相談に乗るふりをする人がいれば、すがりつきたくなるのは人の心理だ。周りに助けてくれる人がい…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです