ジャイアントパンダ

シャンシャン、幸せ運ぶ 一般公開に1397人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
一般公開が始まったジャイアントパンダの子ども、シャンシャン(左)と母親のシンシン=東京都台東区の上野動物園で2017年12月19日午前10時16分(代表撮影)
一般公開が始まったジャイアントパンダの子ども、シャンシャン(左)と母親のシンシン=東京都台東区の上野動物園で2017年12月19日午前10時16分(代表撮影)

 上野動物園(東京都台東区)で生まれたジャイアントパンダの雌の子ども「シャンシャン(香香)」と母親の「シンシン(真真)」の一般公開が19日に始まり、46倍の抽選で当たった1397人(速報値)が観覧した。同園生まれのパンダの公開は1988年の「ユウユウ(悠悠)」以来29年ぶり。動き回る姿を目にした人たちは「とにかくかわいい」「幸せだ」と笑みをこぼし、上野の街も祝福ムードに包まれた。【柳澤一男、大迫麻記子、稲垣衆史】

 同園によると、シャンシャンは観覧終了直前の同日正午過ぎに寝てしまったが、観覧時間のほとんどで丸太に上ったり、竹をくわえたりする愛らしい姿が見られたという。

この記事は有料記事です。

残り1162文字(全文1448文字)

あわせて読みたい

ニュース特集