メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

のぞみ台車トラブル

台車枠あと3センチで破断 亀裂、脱線恐れ

台車枠の側面に入った亀裂。底面から反対側にかけて長さは計約44センチに及んだ=JR西日本提供

 東海道・山陽新幹線「のぞみ」に亀裂が見つかった問題で、JR西日本は19日、亀裂は台車枠の両側面と底部に生じ、長さが計約44センチに達していたと発表した。枠は破断寸前で脱線もありえた重大事態だった。同社は点検方法を見直し、複数の異音や異臭があれば直ちに運転を見合わせるよう徹底する。

 同社によると、台車枠は川崎重工業製。板厚8ミリのコの字型鋼材を溶接したもので、断面は縦17センチ、横16センチの大きさがある。鋼材の底面は幅1・3センチで裂け、側面の亀裂はそれぞれ下から約14センチ進んで上部3センチを残すだけだった。亀裂で台車枠はゆがんだため、モーター回転を車輪に伝える「継ぎ…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです