メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

これで「合格まちがい梨」 受験生応援 島根・安来

祈願箱に入った「合格まちがい梨」を紹介する板持浩二さん=島根県安来市中海町の道の駅あらエッサ「なかうみ菜彩館」で

 本格的な受験シーズンを前に、島根県安来市中海町の道の駅あらエッサの「なかうみ菜彩館」で19日、受験生の合格を祈願する「合格まちがい梨」の販売が始まった。「合格」と書かれた絵馬がイカ墨で特殊印刷されている。1個2000円からで100個を販売する。インターネットでの販売もある。

     梨農家の板持浩二さん(54)が2005年に学問の神様、菅原道真公をまつる菅原天満宮(松江市)で、梨の苗木に合格祈願をしてもらった。板持さんは「滋養強壮、体力回復の効能がある梨を食べて、受験シーズンを乗り切ってほしい」と話した。【前田葵】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
    2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
    3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
    4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
    5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです