メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

これで「合格まちがい梨」 受験生応援 島根・安来

祈願箱に入った「合格まちがい梨」を紹介する板持浩二さん=島根県安来市中海町の道の駅あらエッサ「なかうみ菜彩館」で

 本格的な受験シーズンを前に、島根県安来市中海町の道の駅あらエッサの「なかうみ菜彩館」で19日、受験生の合格を祈願する「合格まちがい梨」の販売が始まった。「合格」と書かれた絵馬がイカ墨で特殊印刷されている。1個2000円からで100個を販売する。インターネットでの販売もある。

     梨農家の板持浩二さん(54)が2005年に学問の神様、菅原道真公をまつる菅原天満宮(松江市)で、梨の苗木に合格祈願をしてもらった。板持さんは「滋養強壮、体力回復の効能がある梨を食べて、受験シーズンを乗り切ってほしい」と話した。【前田葵】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
    2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
    3. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
    4. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
    5. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]