メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首都大学東京

色あせぬ教訓 災害や戦災、AIでカラー化

(右)カラー化された関東大震災直後の横浜港の写真(左)元の写真=防災科学技術研究所提供

 防災意識を高めてもらうとともに、戦争の記憶を若い世代に継承してもらおうと、過去の自然災害や戦争の被害状況を撮影した白黒写真を、人工知能(AI)を使ってカラー化する取り組みを首都大学東京システムデザイン学部の渡辺英徳准教授(情報デザイン)が進めている。カラー化した写真を「ツイッター」で発信してワークショップを開き、世代間でコミュニケーションを深めてもらおうとする試みだ。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 新型肺炎 クルーズ船乗客2人死亡 早期診察でも重症化

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです