メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首都大学東京

色あせぬ教訓 災害や戦災、AIでカラー化

(右)カラー化された関東大震災直後の横浜港の写真(左)元の写真=防災科学技術研究所提供

 防災意識を高めてもらうとともに、戦争の記憶を若い世代に継承してもらおうと、過去の自然災害や戦争の被害状況を撮影した白黒写真を、人工知能(AI)を使ってカラー化する取り組みを首都大学東京システムデザイン学部の渡辺英徳准教授(情報デザイン)が進めている。カラー化した写真を「ツイッター」で発信してワークショップを開き、世代間でコミュニケーションを深めてもらおうとする試みだ。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超 新型コロナ

  3. 気づいたら缶ビール30本 コロナ禍でアルコール依存悪化 断酒会開けず

  4. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです