メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

横審、2横綱対応協議 貴乃花親方「調査に協力」

横綱審議委に臨む北村委員長(右端)や日本相撲協会の八角理事長(左端)ら=東京都墨田区で2017年12月20日午前10時10分、小出洋平撮影

 大相撲の元横綱・日馬富士(33)による傷害事件で、日本相撲協会の臨時の横綱審議委員会(横審、委員長=北村正任・毎日新聞社名誉顧問)が20日午前、東京・両国国技館で開かれた。協会の危機管理委員会(委員長=高野利雄・元名古屋高検検事長)の調査報告を受け、元日馬富士に加え、事件が起きた酒席に同席した白鵬関(32)=宮城野部屋=と鶴竜関(32)=井筒部屋=の2横綱への対応を協議した。

 九州場所後の11月27日に行われた定例の横審では最高位の横綱が暴力問題を起こしたことを重視し「厳し…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです