安倍首相

改憲「一石が大きすぎた」 根回し不足「反省」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相=首相官邸で、竹内紀臣撮影
安倍晋三首相=首相官邸で、竹内紀臣撮影

 安倍晋三首相は19日、東京都内で講演し、自衛隊の存在を明記する5月の憲法改正提案について「停滞した議論を後押しするために一石を投じた。ただ、その石があまりにも大き過ぎ、その後が大変だった」と述べた。突然の表明に野党からだけでなく、2012年に「国防軍」明記などの改憲案を策定した自民党からも反発が出たことを踏まえ、自らの根回し不足を「反省」した形だ。

 一方、首相は改憲について「スケジュールありきでない」としつつも、20年の東京五輪開催を挙げ「新時代の幕開けへ機運が高まる時期だからこそ、憲法の議論を深め、国のあり方を大いに論じるべきだ」と述べ、20年の新憲法施行に期待感をにじませた。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文505文字)

あわせて読みたい

注目の特集