メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米政権

「強いアメリカ」前面に 国家安全保障戦略発表

 【ワシントン高本耕太】トランプ米政権は18日、初めての国家安全保障戦略(NSS)を発表し、米国第一主義に基づく「強いアメリカ」確立を目指す姿勢を前面に押し出した。トランプ大統領は演説で、経済力の維持・強化が「国家安全保障に直結する」とも指摘し、米国民の利益追求を最優先する考えを改めて強調した。

 外交・軍事政策の指針となるNSSは、政権ごとに議会提出が義務付けられている。トランプ政権のNSSは米国の「死活的利益」として(1)国土安全保障と米国民の生命・生活の保護(2)米国の繁栄増進(3)「力による平和」の推進(4)米国の影響力拡大--を挙げた。

 トランプ氏は(1)に関し、「国境のない国家は国家ではない」として、メキシコ国境沿いの壁建設や移民制限など「国土防衛」を推進する考えを改めて示した。また、安全保障上の観点からも経済を重視する姿勢を鮮明にし「富の獲得は国力強化。国内総生産(GDP)成長率は米国の強力な武器だ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉でも無許可で豚解体容疑 ベトナム人を再逮捕へ 盗難家畜の違法処理横行か

  2. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  3. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです