メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米政権

「強いアメリカ」前面に 国家安全保障戦略発表

 【ワシントン高本耕太】トランプ米政権は18日、初めての国家安全保障戦略(NSS)を発表し、米国第一主義に基づく「強いアメリカ」確立を目指す姿勢を前面に押し出した。トランプ大統領は演説で、経済力の維持・強化が「国家安全保障に直結する」とも指摘し、米国民の利益追求を最優先する考えを改めて強調した。

 外交・軍事政策の指針となるNSSは、政権ごとに議会提出が義務付けられている。トランプ政権のNSSは米国の「死活的利益」として(1)国土安全保障と米国民の生命・生活の保護(2)米国の繁栄増進(3)「力による平和」の推進(4)米国の影響力拡大--を挙げた。

 トランプ氏は(1)に関し、「国境のない国家は国家ではない」として、メキシコ国境沿いの壁建設や移民制…

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1267文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  5. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです