メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

織田作之助賞

古谷田奈月さんと東山彰良さんの2人が受賞

 第34回織田作之助賞の選考会が19日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、古谷田奈月(こやた・なつき)さん(36)の「リリース」(光文社)と、東山彰良(あきら)さん(49)の「僕が殺した人と僕を殺した人」(文芸春秋)の2作が選ばれた。

 古谷田作品の舞台は、男女の性差の自由が確立した近未来。現代人が直面する課題を織り交ぜた刺激的な作風だ。東山作品は過去と現在の台湾、米国などを舞台にした、…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです