織田作之助賞

古谷田奈月さんと東山彰良さんの2人が受賞

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第34回織田作之助賞の選考会が19日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、古谷田奈月(こやた・なつき)さん(36)の「リリース」(光文社)と、東山彰良(あきら)さん(49)の「僕が殺した人と僕を殺した人」(文芸春秋)の2作が選ばれた。

 古谷田作品の舞台は、男女の性差の自由が確立した近未来。現代人が直面する課題を織り交ぜた刺激的な作風だ。東山作品は過去と現在の台湾、米国などを舞台にした、…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

あわせて読みたい

注目の特集