米ツイッター社

規制強化、差別的投稿、攻撃的投稿は違反

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ヘイトスピーチなどを減らすことを目的にルールを改定したことを告げるツイッター・ジャパンの投稿=ツイッタージャパンのツイッター公式アカウントから
ヘイトスピーチなどを減らすことを目的にルールを改定したことを告げるツイッター・ジャパンの投稿=ツイッタージャパンのツイッター公式アカウントから

ルールを公表 19日から全世界で運用開始

 米ツイッター社は日本時間19日、差別的な投稿のほか、暴力行為の予告といった攻撃的な投稿について、違反認定の範囲を拡大したルールを公表した。同日、全世界で運用を始めた。ツイッターを巡っては「ヘイトスピーチが野放しになっている」「違反の罰としてアカウントを凍結する際の基準が不透明」などの批判があがっており、10月末からルール変更を進めていた。

 ツイッター社はこれまで、利用者が投稿した書き込みの内容だけで違反の可否を判断していたが、今回、ユーザー名や自己紹介などのプロフィル内の説明でヘイト行為などがあった場合も違反認定するよう変更した。また、ヘイトスピーチやテロを推奨している集団に関係するアカウントも禁止するとした。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文571文字)

あわせて読みたい

注目の特集