メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上野パンダ

「かわいい」 一般公開に笑みの1397人 

 上野動物園(東京都台東区)で生まれたジャイアントパンダの雌の子ども「シャンシャン(香香)」と母親の「シンシン(真真)」の一般公開が19日に始まり、46倍の抽選で当たった1397人(速報値)が観覧した。同園生まれのパンダの公開は1988年の「ユウユウ(悠悠)」以来29年ぶり。動き回る姿を目にした人たちは「とにかくかわいい」「幸せだ」と笑みをこぼし、上野の街も祝福ムードに包まれた。

 同園によると、シャンシャンは観覧終了直前の同日正午過ぎに寝てしまったが、観覧時間のほとんどで丸太に上ったり、竹をくわえたりする愛らしい姿が見られたという。

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  5. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです