メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府教委

全府立高校の校則 ホームページで公開を検討

「茶色い頭髪を黒く染めるよう強要」訴訟受けて

 大阪府教委は19日の府議会教育常任委員会で、全府立高校(154校)の校則について、ホームページでの公開を検討していることを明らかにした。生まれつき茶色い頭髪を学校から黒く染めるよう強要されたとして、府立高校の女子生徒が府に損害賠償を求めた訴訟を受け、校則のあり方自体を問う声も上がっており、府教委は生徒や保護者らの校則への理解を深めることにつなげたい意向だ。

 府教委によると、ホームページで校則を公開している府立高は数校とみられる。校則には根拠が曖昧なものや、時代に合わないまま残っているものがあり、府教委は特別支援学校なども含む全府立学校を対象に、点検や見直しを求めている。調査結果は来年3月にまとまる予定で、校則の公開が実現するのはその後になりそうだ。

 「ブラック校則をなくそう」プロジェクトで、校則の全国調査を実施しているNPO法人「キッズドア」(東京)の渡辺由美子理事長(53)は「前向きな動きであり、校則をオープンにすることで生徒や保護者も主体的に考えるきっかけになるのでは」と歓迎する。【岡崎英遠】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プラスチック危機 海流入、50年までに魚の総重量超え?
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  4. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  5. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]