連載

今どきの歴史

歴史研究の最前線や新たな知見、話題のテーマなどを取り上げます。

連載一覧

今どきの歴史

世界の記憶「上野三碑」(群馬県高崎市) 東アジアの文化交流

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「上野三碑日中韓国際シンポジウム」で紹介された「多胡碑」(右)は、新羅の真興王が568年に建てた「磨雲嶺碑」(左)とそっくり=東京都江東区の東京国際交流館で
「上野三碑日中韓国際シンポジウム」で紹介された「多胡碑」(右)は、新羅の真興王が568年に建てた「磨雲嶺碑」(左)とそっくり=東京都江東区の東京国際交流館で

 群馬県高崎市の古代石碑群「上野三碑(こうずけさんぴ)」(いずれも特別史跡)が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録された。東アジアの文化交流をキーワードに、豊かな地域色と国際性の双方を実感できる史跡として関心が高まっている。

 まずは現地へ。3碑とも覆い屋で保護され、通常はガラス越しの対面となる。多胡碑は平地、他の2碑は山の中腹という立地の違いはあるが、直径約3キロの円内に収まる。3碑を結ぶ無料の巡回バスに乗ったら、それぞれ15分ほどの距離。

 この近さ自体が実は驚異的なのだ。日本には平安時代以前の石碑が18基しかないが、うち3基が集中する点に固有の地域事情がうかがえる。9、10の両日、高崎市と東京で開かれた登録記念の国際シンポジウム(上野三碑世界記憶遺産登録推進協議会など主催)から見えた土地柄とは--。

この記事は有料記事です。

残り1150文字(全文1522文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集