メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒヨケムシ

世界三大奇虫、国内初発見 新潟・柏崎

餌のワラジムシ(下部)を捕食するヒヨケムシ=新潟県柏崎市立博物館提供

 クモの仲間なのに脚が10本もある「ヒヨケムシ」が、新潟県柏崎市の住宅から見つかった。マニアには「世界三大奇虫」の一つとして知られ、見つかった個体は体長約1・5センチで、毒など人に危害が及ぶ恐れのない種類。アフリカや南米など、熱帯・亜熱帯に生息する。環境省外来生物対策室によると、ヒヨケムシは日本に分…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 多言語 母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです