メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

取材帳から

今年を振り返って なぜこんな法律が /宮城

 旧優生保護法の下、10代で強制的に不妊手術をされたとして、知的障害のある県内の60代女性が国を相手に初の国家賠償請求訴訟を起こす。この法律は、医師が必要と判断すれば都道府県の審査を経て同意なしで障害者らへの不妊手術を可能としていた。「障害者は子を産んではいけないのか」。そう訴える女性の義姉の言葉が胸に突き刺さった。

 この問題を巡り、私には人ごとにできない事情がある。私は軽度の吃音(きつおん)を抱えている。最初の一音が出にくいなどなめらかな発話ができない疾患で、日本では発達障害として精神障害者手帳交付の対象にもなっている。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです