メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

取材帳から

今年を振り返って なぜこんな法律が /宮城

 旧優生保護法の下、10代で強制的に不妊手術をされたとして、知的障害のある県内の60代女性が国を相手に初の国家賠償請求訴訟を起こす。この法律は、医師が必要と判断すれば都道府県の審査を経て同意なしで障害者らへの不妊手術を可能としていた。「障害者は子を産んではいけないのか」。そう訴える女性の義姉の言葉が胸に突き刺さった。

 この問題を巡り、私には人ごとにできない事情がある。私は軽度の吃音(きつおん)を抱えている。最初の一音が出にくいなどなめらかな発話ができない疾患で、日本では発達障害として精神障害者手帳交付の対象にもなっている。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  2. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです