メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

押せ国栃

全国高校ラグビー/下 花園で下克上狙う 「強く、速い」FW 追い風も /栃木

県予選決勝でタッチライン際を走り抜ける福田陸人主将(右)。花園でも快走を見せるか=栃木市川原田町の栃木市総合運動公園で11月11日

 国学院栃木のFWは「強く、速い」。平均体重95・4キロの重量FWながら、バックスのライン攻撃にも再三加わり好機を広げる。

 そんな「走れるFW」を印象づけたのは、11月の佐野日大との県予選決勝だった。前半24分、自陣から左へパスを展開。軽やかな身のこなしで突破を図ったのは、体重100キロ前後のFW3人だ。フッカーの照内寿明選手(3年)は力強く縦を突き、タックルを受けつつフォローしたプロップの石母田健太選手(2年)へパス。さらにプロップの松尾龍之介選手(3年)へとボールがつながり、最後はCTB萩原健太選手(3年)がトライで締めくくった。

 普段はスクラムなどで力を発揮するFW第1列の「快走」に、吉岡肇監督は「うちはでかい選手から順番にメ…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文1038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです