メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都大路にかける

全国高校駅伝・チーム紹介/上 男子・高岡向陵 14年ぶり18回目 /富山

 「男子第68回・女子第29回全国高校駅伝競走大会」(毎日新聞社、日本陸連など主催)は24日、京都市の西京極陸上競技場をスタートする。男子は高岡向陵(高岡市石瀬)が14年ぶり18回目の出場。11月の県予選では、今年8月に就任したばかりの菊永祐二監督(54)が、部員わずか10人のチームを率いて、ライバル、富山商に勝利。その流れに乗って都大路に臨む。一方の女子は富山商(富山市庄高田)が26年連続26回目の出場。実力通りの快走で優勝した県大会と同様、1年生主体のチーム編成で上位進出を狙う。

 両チームとも今月上旬には現地での試走を終え、本番に向けて調整を進める。全国の強豪との対決を心待ちに…

この記事は有料記事です。

残り1517文字(全文1811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです