メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここであった戦争

法円坂の大村益次郎殉難碑 戦意高揚へ言論界も /大阪

大村益次郎の殉難碑。まさに街角に建っている=大阪市中央区法円坂2で、亀田早苗撮影

 国立病院機構大阪医療センター(大阪市中央区法円坂2)南東の角に、「大村益次郎殉難碑」がある。一見戦争に関係なさそうな顕彰碑だが、軍部と大阪の政財界・言論界が一体となって戦意高揚を促したことを表す巨大なモニュメントだ。

 案内は「大阪戦争モノ語り-街角の『戦跡』を訪ねて-」の著者、森田敏彦さん(74)。

 地下鉄「谷町四丁目駅」から上町筋を南に下ると、大村益次郎(1824~69)の碑がある。正確には「殉…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1128文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです