メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点へトライ!!

第97回全国高校ラグビー/上 大阪桐蔭 気迫と結束、高まる 巧みなパスで攻守連係 /大阪

実戦を意識したプレーを繰り返す大阪桐蔭の選手たち=大東市で、加藤佑輔撮影

 「積極的にパスを要求しろ」「個人技だけで突破しようとせず、仲間の動きを見ろ」。12月上旬、大阪桐蔭(大東市)のグラウンドで、選手たちの声が飛び交った。「全員で一つ一つのプレーを丁寧に確認」をキーワードに、チームは春に比べ声を掛け合う頻度が格段に増え、練習中も一層の気迫と緊張感が漂うようになった。

 チームを変えたきっかけは、今春の全国高校選抜ラグビー大会だった。「このままでは、チームは決して成長できないぞ」。準々決勝終了後のミーティングで、綾部正史監督(42)の怒声が響いた。

 準々決勝は、京都成章(京都)に17-19で敗退。パス、キック、掛け声に普段の気迫が感じられなかった。相手は海外遠征などで主力選手を数人欠いて試合に臨んだ。上山黎哉主将(3年)は「油断や甘えがプレーに影響した」と振り返る。メンバー外の生徒からは「結果よりも気の緩みが見えたのが悔しい」と厳しい意見も出た。

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点 衆院予算委 野党「景気重点」やり玉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 赤坂電視台 加藤浩次/1 料理の味は思い出とともに

  5. 視聴室 美女と焼肉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです