メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中四国経済

県内冬のボーナス予定額 非正規は増、正社員は減 人手不足解消のため 岡山経研調査 /岡山

 県内企業の冬のボーナス支給予定額は、正社員は前年同期より1・5%減少したのに対し、非正規社員は5%増加したことが、岡山経済研究所(岡山市北区)の調査で分かった。同研究所は「業績好転や景気回復の要因よりも、人手不足解消を図る企業が多いため」と分析している。

 調査は10~11月に従業員20人以上の企業に郵送し、370社(18・5%)が回答した。ボーナスの支給を予定する企業は87・3%。今夏の87・6%に次ぎ高かった。

 1人当たりの平均支給額は正社員が45万1000円と、昨冬の45万8000円から減少した。非正規社員…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです