メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

被爆電車 「私、運転していたのよ」 戦中戦後、苦楽よみがえる 増野幸子さん(87) /広島

被爆から半年後の広島駅(左奥)付近。左には闇市に連なる露店が広がっていた。写っている電車は652号とみられる=1946(昭和21)年2月撮影

 原爆の惨禍をくぐり抜け、今も走る広島電鉄(中区)の路面電車「被爆電車」。被爆半年後の広島を撮った毎日新聞の写真には、現在も活躍する650形車両を捉えた1枚もあった。軍に応召した男性従業員に代わり、運転士を務めた増野幸子さん(87)=中区=は「戦中戦後の苦楽がよみがえるよう」と話している。【平川哲也、山田尚弘】

 シュッ、シューッ。エアブレーキを緩める際に圧縮空気が抜ける音をまね、写真を見た増野さんが笑った。「…

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1309文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです