協定

防府に新工場建設へ 福島第1原発事故で操業停止 農薬メーカーが市と締結 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
協定を結び握手を交わすアグロカネショウの櫛引社長(右)と防府市の松浦市長
協定を結び握手を交わすアグロカネショウの櫛引社長(右)と防府市の松浦市長

 東京の農薬メーカー・アグロカネショウは20日、防府市新田の工業団地「防府テクノタウン」に新工場を建設するための協定を市と結んだ。

 アグロ社は、東京電力福島第1原発事故の発生を受け、同原発から約1キロの主力工場(福島県大熊町)の操業を停止した。その後、生産の一部を茨城県の工場に移したり、外部に委託したりしてきたが、自社生産能力を高めて事業を拡大する…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

あわせて読みたい

ニュース特集