メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

元日馬富士問題 統治不全の相撲協会 力士出身者頼み、限界

 元横綱・日馬富士の傷害事件を巡り、20日の日本相撲協会理事会で、理事を辞任した伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)の降格と、白鵬、鶴竜の両横綱の減給処分が決まった。八角理事長(元横綱・北勝海)も報酬を返上する。調査協力を拒んできた貴乃花親方への処分は先送りされた。改めて協会のガバナンス(組織統治)の未熟さが露呈した。【飯山太郎、上鵜瀬浄】

 出席者によると、理事会は大きな意見の対立もなく、粛々と進んだという。理事会後の記者会見は約1時間半…

この記事は有料記事です。

残り2126文字(全文2344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです