メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

受信料論争 原点に返れ=武田徹

 NHKの受信料制度を合憲とする最高裁判決が出た。だが、それで受信料論争に終止符が打たれたわけではない。

 NHKは一方で常時同時ネット配信の可能性を模索している。専用端末ではないパソコンやスマホで番組を見る場合、受像機を設置した時点で受信料支払い義務が生じるという、今回の判決で示された論理は通用しない。

 そこで外部識者で構成された「受信料制度等検討委員会」の答申でも、ネット配信では特定の視聴アプリを使う方法が有望視されていた。そうすればアプリを開いた時点で視聴に合意したとみなせるし、受信料未払い者の視聴を技術的に遮断することもたやすく、受信料の負担なしに番組を見るフリーライド問題は法の力を借りずに解決できる。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文958文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです