メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

IS破壊、世界遺産無残 響く地雷の爆破処理音 パルミラ

 【パルミラ(シリア中部)篠田航一】「パーン」。乾いた爆発音が何度も響く。同行のシリア軍兵士に聞くと「地雷の爆破処理だ」と答えた。18日訪れた中部の世界遺産・パルミラ遺跡。古代シルクロード交易で栄えた「砂漠の花嫁」は、今年3月まで断続的に支配した過激派組織「イスラム国」(IS)に踏みにじられ、がれきに覆われていた。

 「遺跡に近付きすぎるな。私の足跡を追って歩け」。同行兵士に注意され、慌てて遺跡から離れる。敷地内の地雷撤去は「ほぼ完了した」というが、がれき周辺には接近しないよう念押しされた。

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1269文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 新型コロナ 大阪市立小で児童1人感染 臨時休校 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです