スバル

データ改ざんか 完成車の燃費検査 調査で判明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 SUBARU(スバル)は20日、新車の完成検査の際に自主的に実施している燃費測定のデータに改ざんの疑いがあると発表した。新車の完成検査を無資格の従業員にさせていた問題を受けて実施した社内の聞き取り調査で、一部の検査員が燃費データ書き換えについて証言したという。すでに国土交通省に報告しており、スバルは外部専門家を交えた社内調査を進める。

 燃費データの測定は、道路運送車両法に基づいて行う新車の完成検査で排ガスなどを調べる走行試験の際に実施している。一部の完成車を抜き取って実施しており、事前に届け出た燃費性能通りのデータが出るかどうかを自主的に確認。性能を下回る数値が出た場合は、その車両の出荷を見合わせるという。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文602文字)

あわせて読みたい

注目の特集