連載

読みトク!経済

サラリーマン1年生「なるほドリーマン君」に経済記事を分かりやすく説明します。

連載一覧

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 年収850万円超の会社員、増税に?=回答・釣田祐喜

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

子育て・介護世帯、対象外 自営は2400万円まで減税

 なるほドリーマン君 年収850万円超の会社員が増税になるって聞いたよ。どういうこと?

 記者 今月14日に決まった2018年度税制改正大綱で、20年1月から所得税の控除の見直しが盛り込まれました。控除とは、所得税を計算する際に一定額を差し引いて税負担を軽くする仕組みです。所得税額は年収から控除額を差し引いた後の所得に税率を掛けて計算するので、控除が多いほど税金は少なくなります。今回の見直しでは、全ての人に適用される「基礎控除」(一律38万円)を10万円増額したうえで、会社員らに適用する「給与所得控除」を一律10万円減らします。給与所得控除は現在、年収1000万円以上は控除額220万円で打ち切っていますが、これを年収850万円で195万円に引き下げます。年収850万円までは、基礎控除の増額分と給与所得控除の減額分が同じなので税負担は変わりません。しかし、850万円を超えると給与所得控除の減額分が基礎控除の増額分を上回るため、増税となります。

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1281文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集