メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外白鵬が秋場所V 幕内通算1000勝
外交文書公開

中曽根首相訪中/チェルノブイリ事故/ダレス国務長官来日/中曽根首相と会談/アキノ大統領来日

 外務省は20日、外交文書25冊を一般公開した。1986年11月の中曽根康弘首相による2度目の中国訪問、ソ連のチェルノブイリ原発事故に関する日本政府の対応が中心だ。85~86年の日本の中東外交を巡る記録も含まれる。

 ◆86年・中曽根首相訪中

中韓の橋渡し提案 日朝貿易「用意ある」

 中曽根首相が86年11月に訪中して中国共産党の胡耀邦総書記と会談した際、中国との国交樹立を希望する韓国の意向を伝えていたことが、20日公開の外交文書で明らかになった。橋渡し役を果たそうとすると同時に、日本と国交がない北朝鮮との貿易に向けても「用意がある」と表明し協力を求め、中韓と日朝の同時並行的な関係改善を提起した。胡氏は、いずれの提案にも、希望に沿えないとの考えを示した。

 一連のやりとりからは首脳間の信頼関係を土台に、日本が朝鮮半島の平和実現に向け、独自外交を展開しよう…

この記事は有料記事です。

残り4582文字(全文4960文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  3. 食品衛生法違反 食中毒出し営業続行 容疑の料理店、書類送検 小牧署 /愛知
  4. 交通事故 青森の国道で車4台衝突 3人死亡、5人けが
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです