メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本の世論2017

毎日新聞・埼玉大共同調査(その1) 見通せぬ暮らし・安保

 毎日新聞と埼玉大学社会調査研究センターの世論調査「日本の世論」は今年で5回目を迎えた。今の生活に7割近い人が満足している一方、6割の人が10年後の日本が今より住みやすい国になっているとは思わない。最も不安に思うことは、2年連続で「老後の生活」がトップ。2013年から5年間の継続調査で浮かび上がるのは、現状に満足しながらも将来的な不安を抱える「安定的停滞」(松本正生・同センター長)ともいえる状況だ。

この記事は有料記事です。

残り8322文字(全文8523文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです