メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

互いに学び合い、未来作る 東京外国語大学「アフリカンウィークス」実行委員長・井出有紀さん(20)

=五十嵐英美撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

井出有紀(いで・ゆき)さん

 現代アフリカの多様な魅(み)力(りょく)を紹(しょう)介(かい)するイベントを、22日まで東京都府中市のキャンパス内で開(かい)催(さい)しています。アフリカが舞(ぶ)台(たい)の絵本展や映画の上映、ジャンベという西アフリカの伝統的な太(たい)鼓(こ)の演奏会、学(がく)食(しょく)でのアフリカ料理の提供など、さまざまなプログラムを用意しました。私(わたし)は国際社会学部アフリカ地域専(せん)攻(こう)2年ですが、アフリカについて広く発信したいと思い同じ専攻から協力者を募(つの)って実行委を作りました。

 アフリカというと、貧困、紛(ふん)争(そう)といった負のイメージが先行しがちですが、各地で異なる文…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです