メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

指導者に聞く 「雑用は上級生」で成長 日体大監督・古城隆利氏(48)

 日体大の古城隆利監督(48)が11月の明治神宮野球大会で母校を37年ぶり2回目の優勝に導いた。松本航(3年・明石商)、東妻勇輔(3年・智弁和歌山)のダブルエースを擁しての頂点。上級生が率先して雑用を行い、後輩の面倒を見る「体育会イノベーション」を推し進める古城監督に、取り組みや考え方を聞いた。【江連能弘】

 --遠征での荷物運びや寮の掃除などの雑用を、3、4年生が行うよう2年前から改めた。体育会の伝統とも…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1100文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです