メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#生きたい

座間殺害事件の周辺で/上 居場所求め、つながる 容疑者と同居女性 優しい言葉信じ

 2015年12月の東京・池袋駅前。東北地方に住む当時18歳の女性(20)は、雑踏の中でまだ会ったことのない男の姿を捜していた。

 スマートフォンに送られてきた写真を頼りに、行き交う男たちの顔を追う。目が隠れるほど前髪を伸ばした暗い感じの男を見つけ、恐る恐る声をかけた。「隆浩さんですか?」。その日から、白石隆浩容疑者(27)との同居生活が始まった。

この記事は有料記事です。

残り1664文字(全文1838文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです