メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#生きたい

座間殺害事件の周辺で/上 居場所求め、つながる 容疑者と同居女性 優しい言葉信じ

 2015年12月の東京・池袋駅前。東北地方に住む当時18歳の女性(20)は、雑踏の中でまだ会ったことのない男の姿を捜していた。

 スマートフォンに送られてきた写真を頼りに、行き交う男たちの顔を追う。目が隠れるほど前髪を伸ばした暗い感じの男を見つけ、恐る恐る声をかけた。「隆浩さんですか?」。その日から、白石隆浩容疑者(27)との同居生活が始まった。

この記事は有料記事です。

残り1664文字(全文1838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです