メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハリウッド

五感で日本発信「ジャパン・ハウス」一部開館

食器など日本の商品を販売するジャパン・ハウスのショップ=米ハリウッドで2017年12月20日、長野宏美撮影

 【ロサンゼルス長野宏美】日本政府が海外での戦略的な情報発信拠点と位置づける「ジャパン・ハウス」の一部が20日、ロサンゼルスのハリウッドで開館した。

     アカデミー賞の授賞式会場を収容する複合施設「ハリウッド&ハイランドセンター」の2階と5階に設けられ、展示会や講演会などを通じ、日本の文化や技術などを発信する。海部優子館長は「アートや食など、五感を通して日本を深く味わってもらう場所にしたい」と語った。

     この日は日本全国から厳選した食器や食品などを販売する2階部分のショップが開館した。日本食レストランや展示ギャラリーなどを含めた全館の開館は来年6月ごろを予定している。1年目の目標来館者数は8万人。

     4月のブラジル・サンパウロに続く開館で、ロンドンでも準備が進められている。

     ジャパン・ハウスは日本の文化や芸術を通じて多様な魅力を発信し、親日派の裾野を広げることが目的。歴史認識を巡る日本の立場を伝える狙いもあり、千葉明・駐ロサンゼルス総領事は「日本に関する間違った情報が流布される中、本当の日本像を提示し、理解を深めてもらいたい」と語った。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米軍機 タンク投棄、氷突き破る 200m先に漁船 青森
    2. 平昌冬季五輪 アイスホッケー合同チーム 南北に言葉の壁 「同宿」も実現しないまま
    3. 金の言葉 羽生結弦 平昌五輪2018/1 いろんなものを犠牲に頑張ったご褒美 連覇の誇り、かみしめ
    4. 米乱射 銃規制求める地元高校生 政治の無策に怒る
    5. 米乱射 生徒「何かするなら彼だ」 学校に通報も対応なく

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]