メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男児ポルノ

元家庭教師の男に懲役9年 横浜地裁

 男児ポルノの愛好グループが男児のわいせつ動画などを撮影、共有したとされる事件で、強制わいせつや児童買春・ポルノ禁止法違反などの罪に問われたメンバーの一人で元家庭教師、鈴木龍哉被告(24)=埼玉県入間市=に対し、横浜地裁は20日、懲役9年(求刑・懲役12年)の実刑判決を言い渡した。

     弁護側は、鈴木被告が男児に好かれるため、暴行や脅迫をせずにわいせつな行為をしており、「悪質性は低い」と主張していた。だが、前田亮利裁判官は「家庭教師という立場を利用した行為は卑劣で計画的。男児の判断力の未熟さにつけこんだ点を踏まえておらず、採用できない」と指摘。撮影した動画を愛好グループで共有し拡散していることを重視し、「悪質性は非常に高く、なんら酌量の余地はない」と述べた。

     判決によると、鈴木被告は2013年8月から3年間にわたり、家庭教師やキャンプのボランティアなどで関わった当時7~14歳の男児15人に対して、体を触るなどのわいせつ行為をし、その様子をビデオカメラで撮影、保存して児童ポルノを製造した。【国本愛】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 富田林逃走 民家宿泊で盗み続け 大量の衣服や調味料
    2. ORICON NEWS 今井絵理子議員、橋本健氏との交際を報告 批判は「覚悟」 “略奪”など週刊誌報道を否定
    3. ムーミンのテーマパーク 埼玉に完成 北欧の暮らし体験
    4. 富田林逃走 自転車に看板偽装「日本一周」「出会い旅」
    5. 富田林逃走 「ただ今、自転車で日本一周中」素顔で写真

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです