メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書管理

保存1年、文書を限定 指針改正案を了承

 政府の諮問機関、公文書管理委員会(委員長・宇賀克也東京大教授)が20日開かれ、行政機関の文書管理ガイドライン(指針)改正案を了承した。政府は年内に決定する。森友・加計学園や陸上自衛隊の日報の問題でずさんだと批判されたのを受けて、改正案は恣意(しい)的な文書廃棄の温床とされる「保存期間1年未満」文書の範囲を絞るとともに、記録の正確性の確保を図るとしている。

 改正点は(1)保存期間1年未満にすることのできる文書について、「明白な誤りなど客観的な正確性の観点から利用に適さなくなった文書」など7類型を例示して限定を図る(2)作成する文書の正確性を確保するため、内容は課長級の文書管理者が確認(3)省庁と外部との協議の際には、可能な限り、相手に発言内容を確認して記録する--など。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです