メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上海列車事故 29年後の真実

第3章<15> 一周忌前のギリギリの妥結

遺族らが見守る中で合意書に調印する日本側の岡村勲団長(左)と中国側の孔令然団長。テーブル向こう側には立会人の中内力・高知県知事や中国の唐家璇・駐日本公使らの姿も=高知市の高知新阪急ホテルで1989年3月11日午前10時25分

 上海列車事故の補償をめぐる団長間交渉は1989年2月22日が最後となった。

 午前9時、東京都文京区の日中友好会館。岡村勲と通訳、孔令然と通訳の計4人が座った。交渉は冒頭の5分間だけ、報道陣に公開された。その後は非公開。事後の記者会見もなかった。世間の関心は、その2日後に控えていた昭和天皇の葬儀「大喪の礼」に向けられていた。

 岡村「やがて一周忌が来る。その前に解決できなければ、無期限の交渉になってしまう恐れがある」

この記事は有料記事です。

残り2558文字(全文2767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 重度の肺炎、武漢で日本人が入院 「新型」か不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです