メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上海列車事故 29年後の真実

第4章<9> 学芸高が最後通告、遺族が激怒

高知学芸高校側の弁護士が連名で遺族側弁護士に送った通知書

 私が上海列車事故に関する取材を始めた時、参考にした記事がある。ノンフィクション作家の野口均(当時の筆名は野口雄一郎)が書いた「上海列車事故から一年 遺族たちの『怒りの遣り場』」だ。先輩記者から引き継いだ資料の中に、この記事のコピーが入っていた。老舗の月刊オピニオン雑誌「諸君!」(文藝春秋発行、2009年休刊)に掲載されたもののようだ。1989年1月ごろまでの情報が書かれてある。

 この中に、遺族会副会長の坂本源一のコメントがある。

この記事は有料記事です。

残り2091文字(全文2308文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  5. WEB CARTOP 「パトカーの待ち伏せ時の駐禁は? 速度違反は?」など緊急車両の交通ルールとは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです