メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上海列車事故 29年後の真実

第4章<9> 学芸高が最後通告、遺族が激怒

高知学芸高校側の弁護士が連名で遺族側弁護士に送った通知書

 私が上海列車事故に関する取材を始めた時、参考にした記事がある。ノンフィクション作家の野口均(当時の筆名は野口雄一郎)が書いた「上海列車事故から一年 遺族たちの『怒りの遣り場』」だ。先輩記者から引き継いだ資料の中に、この記事のコピーが入っていた。老舗の月刊オピニオン雑誌「諸君!」(文藝春秋発行、2009年休刊)に掲載されたもののようだ。1989年1月ごろまでの情報が書かれてある。

 この中に、遺族会副会長の坂本源一のコメントがある。

この記事は有料記事です。

残り2091文字(全文2308文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです