福井・大飯原発

1、2号機 関電が廃炉決定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 関西電力は22日、臨時取締役会を開き、2019年に40年の運転期限を迎える大飯原発1、2号機(福井県おおい町)の廃炉を正式に決めた。運転を延長すれば、安全対策費がかさみ、採算が取れないと判断した。同日、岩根茂樹社長が福井県庁を訪れ、西川一誠知事に説明した。大飯1、2号機の出力は各117・5万キロワ…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

あわせて読みたい

注目の特集