メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点へトライ!!

第97回全国高校ラグビー/中 東海大仰星 1対1局面に強み 狭い空間で要点練習 /大阪

グラウンドに集合し、その日の練習内容を確認する東海大仰星の選手たち=大阪府枚方市で、加藤佑輔撮影

 寒風が吹き抜ける今月上旬、東海大仰星(枚方市)のグラウンドでは、中学高校合わせて約140人の部員がボールを素早く回して進撃する伝統の「ノーラックラグビー」などの練習を重ねていた。

 経験値や実力でグループ分けして練習をする学校が多い中、中高生がともに実力を磨き合うのが仰星スタイルだ。湯浅大智監督(36)は「自分より理解度の低い下級生に技術を教える中で、人間的に成長させるのが狙い」と語り、「人間的な成長こそがプレーヤーとしての強さにもつながる」と指摘する。

 今年は練習環境の変化もあった。6月からグラウンドの改修工事があり、4カ月間、周辺の小中学校を借りて…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです