特集

第100回高校ラグビー 大分東明(大分)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する大分東明(大分)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

大分舞鶴、BK強化 基礎力向上、目指す8強以上 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
タックルの練習。1本1本集中して行う
タックルの練習。1本1本集中して行う

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕する。県代表は32年連続56回目の出場の大分舞鶴。フォワード(FW)陣は突破力向上を目指し、バックス(BK)陣はキック力やパスの精度をあげて「FWとBKの全員でトライを取れるチーム」(3年・富田晴大主将)に仕上がった。2008年以来9年ぶりのベスト8を狙う。【尾形有菜】

 「まずは1対1でしっかり勝つ」。今年4月から指揮を執る堀尾大輔・新監督(45)が最も重視することだ。堀尾監督はBKのセンターとして活躍した大分舞鶴ラグビー部OBで、2001~08年度にも同部の監督を務めており、“舞鶴ラグビー”を知り尽くしている。初陣となった4月の全国選抜大会は1勝2敗。昨年の0勝は免れたが、「個々の強さのレベルを上げないと全国で勝てない」。

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文977文字)

あわせて読みたい

注目の特集