メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

廃墟の首都ダマスカス(その1)

廃虚と化したダマスカス・スベイナ地区=ダマスカスで19日、篠田航一撮影

 【ダマスカス篠田航一】内戦7年目のシリアの首都ダマスカス。中心部で続く「普通の暮らし」の背景で砲声が遠く響き、郊外には戦闘で廃虚と化した街が広がっていた。

 南郊スベイナ地区に19日入った。空爆で建物の屋根は崩れ落ち、がれきが路上に散乱していた。商店のシャッターには直径1~2センチの銃弾の痕が残る。この地区は政権軍が2013年にほぼ奪還したが、今も最前線には武装勢力の狙撃手が潜んでいるとされ、取材には政権軍兵士が同行した。

 損壊した家具店の壁を塗り直していたハレド・アリさん(45)は、12年に家族で避難。今年6月に戻ってきたが、その間に身内を失っている。「15年に一度荷物を取りに戻った兄が、たまたまその日に砲弾に当たって……」。最後まで言葉を継げず、声を詰まらせた。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. 東京アラート、2指標で発動目安を上回る 残るは「1日20人未満」 要警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです