北朝鮮

兵士亡命、任務中逃走か 小銃を携帯

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソウル米村耕一】聯合ニュースによると、北朝鮮軍の兵士1人が21日午前8時4分、韓国北部・京畿道の南北軍事境界線を越えて韓国側に亡命した。小銃を携帯しており、警戒任務中に逃走した可能性がある。入隊2年目の若い兵士で、北朝鮮軍内の「しごき」に耐えかね、韓国軍の宣伝放送に影響されたとの見方を韓国軍は示している。

 この兵士の身柄を韓国軍が確保した後、北朝鮮側から3~4人の兵士が境界線に近づいたため、韓国側は警告放送を繰り返し、午前9時24分、機関銃20発の警告射撃を行った。10時10分過ぎには北朝鮮側からの銃声が2回聞こえたという。

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文414文字)

あわせて読みたい

注目の特集